RSS

ほぅ・・・。

高校生バイク「3ない運動」廃止含め見直し 埼玉県教委方針 全国で半数が推奨せず

 県教育委員会は4日、県立高校生のバイク利用を禁じた、いわゆる「3ない運動」(免許を取らない、乗らない、買わない)について、廃止も含め見直す方針を明らかにした。全国の教育委員会の半数以上がすでに運動を推奨しておらず、県内の高校生のバイク事故による死傷者数はピークの昭和55年から20分の1程度にまで減少。県教委は検証組織を立ち上げて運動のあり方を検討する。(川畑仁志)

 同日の県議会一般質問で、関根郁夫教育長が松沢正氏(自民)の質問に答えた。

 県内の高校生のバイク事故死傷者数は昭和50年代に増加し、55年に1557人となった。県教委は56年、山間部で通学に不便な場合などを除き「高校在学中のバイク免許の取得、購入、乗車を認めない」との方針を定め、県立高校に指導要項を通知した。

 運動開始後、死傷者数は減少。平成23年は190人で200人を割り込み、27年には88人となった。県教育局は運動の効果に加え、車線の増設や直線化など道路環境の改善、交通安全意識の向上などが減少につながったとの見方を示した。

 県教委は現在も新入生に「高校生活にバイクは不要」と記載したリーフレットの配布を継続。松沢氏は一般質問で「バイクは悪と受け止められる記述だ」と指摘し、「保護者の同意があれば免許取得を許可して道交法や安全教育を学ばせ、乗車を認めるべきだ」と運動の廃止を主張した。

 これに対し、関根教育長は「選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるなど高校生の自立を促すことが求められている。交通安全を自ら考えさせることが大切だ」と答弁。関係者を交えた検証組織を立ち上げてバイクに関する生徒指導を検証し、運動のあり方を検討する意向を示した。

 全国的には、昭和57年から運動を展開してきた全国高等学校PTA連合会が、平成24年から自転車や歩行者も含めたマナーアップ運動に転換し、前面に掲げることをやめている。文部科学省が26年1、2月、47都道府県教委に実施した調査では、53・2%が運動を推奨しておらず、推奨は44・7%で半数を下回った。


ですって(゜д゜) 125ccの「普通免許オマケ化」といい・・・昔では考えられなかったね(゜д゜) 興味深い・・・の夜長に考えてみようw

前の記事
次の記事
COMMENT
[2] CuuParts | 2016/10/08 08:31
扱い方だね・・・要はw
[1] 飛騨 | 2016/10/07 08:07
勉強になります。(#^^#)
でも44.7%は「3無い運動」継続中なのかな?
教育を受けていない自由(無法)な自転車の方がよほど腹立たしく危ないと感じます。(*_*;
交通安全教育が必要だよね。バイクも自転車だって。誰の負担でどこで誰が行うかとか問題はあるけど・・・
name.. :記憶する
e-mail..
url..